blog

#
2013 10/30

1年単位の変形労働時間制の相談ならスパイクネットへ

1年単位の変形労働時間制を導入する場合はどのようにすればいいでしょうか?

簡単にいいますと週40時間を達成するために決められた1年間の総労働時間を守るように休日数を決めることになります。

週40時間を守るための1年間の総労働時間は、2085.71時間です。

この総労働時間はこのような式で求められます。

365日÷7日=52.14週(1年で何週間あるかを求めます。)

52.14週×40時間=2085.71時間

では、この総労働時間を1日の勤務時間で割れば、1年間の勤務日数が出てきます。

2085.71時間÷8時間=260日

この260日勤務で105日休日にすることで、1年間を通じて40時間を達成する事になります。

1年単位の変形労働時間制を採用するには労使協定などが必要になります。

これは1度出せばずっと有効なものではなく、毎年毎年提出が必要です。

この手続きに関する質問は下記までお願いします。

スパイクネット

http://spayk.net/sp/jfksj465oe/

 

このブログのアドレス

http://spayk.net/4758/

木原社会保険労務士事務所(大阪市中央区平野町)

http://kihara-sr.com/